飛ぶクラブの特性を利用したスイングがわかるリズムスイング打法

飛ぶクラブの特性を利用したスイングがわかるリズムスイング打法


飛ぶクラブの特性を利用したスイングがわかるリズムスイング打法


最近のゴルフクラブは、昔にくらべ遠くに飛ぶようにできています。

ゴルフクラブの進歩は目覚ましいですね。


ウッドの材質は、木からメタルに、

そしてチタンへと、

そういえば、ヘッドの大きさもどんどん大きくなりましたね。


でも、ゴルフクラブが良くなっても

思ったような飛距離が出ていないケースがあります。


つまり、今のゴルフクラブの性能を100%引き出していない

飛ぶクラブの特性を利用したスイングでなく

昔の打ち方でやっているとおもわれます。


最近のクラブは、シャフトがカーボンのものが多く、

良くたわみます。

このたわみ特性を、最大限に利用するのと、

昔風のスイングで、ブレーキとなってしまうのとでは

飛距離に大きな差が出ます。


特に、中高年ゴルファーは、このことに気付いている人は少ないので、

「年とともに、体力が落ちて、飛距離が伸びない!」と勘違いして

悩む人が多いです。


森本光洋 ゴルフレッスン講座では、

ゴルフクラブを買い換える前に試すべきある方法がわかります。


それに気付くだけでも、毎年ゴルフクラブを買い替えないで

済むので、無駄な浪費をすることがありませんので節約ができます。


使い慣れたゴルフクラブで、迷いがなくなり、

自信もつき精神的にも楽ですね。




今すぐ詳細を確認したい方は下記のボタンをクリックしてください。




くわしくは ↓ ↓ ↓

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」






























 

サイトマップ